慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記

アクセスカウンタ

zoom RSS 港区民大学に参加しました

<<   作成日時 : 2012/10/27 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2



 2012年度の港区民大学は演題を「アメリカ
大統領とは誰か?」と題して行われました。

10/27(土)に北館1階のホールで行われた
第3回、第4回の講演を聞いてきました。
演題は、下記の通りです。

 第3回 立教大学    生井教授
   「現代アメリカの社会・メディア・政治」

 第4回 慶應義塾大学 阿川常任理事
   「アメリカ憲法と大統領:その仕組みと歴史」

アメリカ大統領選挙は複雑で、アメリカ人でも
すべて理解している人は少ないそうです。
いえるのは、州の権限が強く、州内の選挙について
は州に決定権があること。
大統領選挙だけしているのではなく、州知事や州
議会の投票も一緒にやることが多く、地方自治と
密接に関係していること、など知らないことが多々
ありました。

4年前には米初のアフリカン-アメリカンの大統領が
誕生したことで、米国内の意識もだいぶ変わってきた
ようです。
米国内も、いずれスパニッシュの人口が白人の人口
を追い越す勢いなので、大統領選にも影響してくる
かもしれません。

良くも悪くも日本の政策に影響を及ぼす米大統領選
ですが、日本も来年は衆院選があり、韓国大統領も
交代するでしょうし、中国も指導者の交代が取り立た
されています。

オリンピック・イヤーの年は、いろんな意味で政治的に
変化する年なので、今回講演は国際政治を考える上で
参考になりました。

講演の後は、山食に行って「若き血みそラーメン」を
食べてキャンパスを後にしました。

キャンパスでは消費者学会(?)のイベント等で、けっこう
人が多かったですね。詳しくはわかりませんが、具合の
悪い人がでたのか救急車を呼んでいたようです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 大統領選挙の行方は混沌としてきましたね。私的には、好戦的で金持ち優遇傾向のある共和党より、オバマ再選を望んでおりますが。
実は4月の試験では、新潟に遠征して、アメリカ大統領選挙についての講演会を聴講させていただいたのですが、その時点で、先生は、オバマの再選は、余程の状況の変化がない限りほぼ間違いない旨の講義をされていました。端からみると、欧州危機以外は特段変わりないようなきがしますが、アメリカ国内で何かが胎動している可能性はありますね。
きー坊
2012/10/27 21:55
きー坊さん
 アメリカでは2010年に10年に1度の国勢調査があって、その人口配分で下院議員の定数が変化しているそうです。それは各州の選挙人数に影響をしているので、少しは大統領選に影響するだろうということでした。
また、ヒスパニックの人口増加は続いているので、ゆくゆくは大きく影響するかもしれませんね。
当初は、現職のオバマ大統領が大きくリードするかと思われましたが、最近の世論調査では拮抗しているといわれています。ですから、比較論的にはオバマ大統領が苦戦しているようにみえるということでした。

米大統領選の行方は、軍事プレゼンスを拡大する中国対策に影響を及ぼすので、我が国にも多大な影響があるのでしょうね。
dora
2012/10/27 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
港区民大学に参加しました 慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる