慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「慶應義塾大学ガイドブック2014」を読み解く

<<   作成日時 : 2013/06/15 10:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0



 なにやら偉そうなタイトルですが、単に大学のガイドブック
を活用するとこうなりますよ、という話です。
気軽に読んでいただければと思います。

当たり前ですが、学部生の受験は毎年行われます。2014年
度に向けてのキックオフが、「慶應義塾大学ガイドブック2014
の配布開始だといえます。
6月10日頃から三田キャンパスならば正門・東門の警備室
で配布されています。今年も立ち寄った際に1部入手して、
読んでいるところです。
表紙は、三田演説館のエッチング絵です。

なかでも参考になるのが、通学生の科目区分です。
当然に通信教育課程とは違いがあって、どのように違うのか
がわかることによって、全体を俯瞰できるわけです。
いえるのは、通学生の方が科目区分が細かいようです。

たとえば、夏スクで履修をする予定の「公共経済学」。
経済学部のページをみると、特殊科目に分類されています。
カリキュラムをみると、特殊科目とは3・4年生が選択で履修
する科目であることがわかります。

同じく夏スクで履修予定の「労働経済学」。
調べてみると、基本科目の産業・労働分野であることがわか
ります。基本科目とは、3・4年生が選択必修(12単位)する
科目であることがわかります。


さらに、各学部の先生方のリストが載っています。
主な専攻ごとにまとめられているので、卒論指導の先生を探す
ときに便利だと思います。教授・準教授・助教・専任講師の先生
方は網羅されています。ただ、先生の専攻もひとつの分野では
ないこともあるので、あくまで代表的な専攻分野ということに
なりそうです。

この冊子を見ることによって、

  慶應義塾が全体としてどんな学部があるのか、
  どんなことを目標とする学校であるのか、

を、俯瞰的にみるには最適です。
その他にも、紹介されている先生の顔写真がみれますし、通学
生のカリキュラム構成がわかります。

目の前の締切や、科目試験のことだけを考えてしまいがちですが、
たまにはリフレッシュした方がよいと思うわけです。
そのツールの一つとして使えそうです。
幸いにも、キャンパスに出向いてもらうと無料です。

本棚には、入学した2009年から2014年までの6冊が揃いました。
そうなると、先生方の変遷もわかるようになり、学部の特色の変化
もあるように感じます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「慶應義塾大学ガイドブック2014」を読み解く  慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる