慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記

アクセスカウンタ

zoom RSS 慶應義塾の敷地に眠る日吉台地下壕

<<   作成日時 : 2013/07/26 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0



 慶應義塾大学日吉キャンパスは、主に1・2年生
の通学生が通うキャンパスです。
通信生においても、夏期スクーリングが2期行われ
る主要なキャンパスです。

単に通っているだけでは気が付きませんが、蝮谷
の方に行くとかなり高台であることがわかります。
その地下には、旧帝国海軍の地下壕が掘られて
います。
その地下壕は、慶應義塾の敷地内だけに留まらず
近くの民有地の方まで続いています。慶應義塾内
は大学が保存を推進しているものの、民有地の方
まではできません。
法的にも、保存する手立てがないようです。

その民有地側で、今年の4月頃出入口が破壊される
ということがあったそうです。それを伝える記事が塾生
新聞のWEBサイトに載っています。

 [LINK] 慶應塾生新聞
  日吉に眠る地下壕 保存、調査に一抹の不安


この地下壕には、去年の夏に入ったことがあります。
「日吉台地下壕保存の会」という団体があって、見学
会を開催しています。これに参加希望をすれば、内部
を見ることが可能です。ただし、整備されている慶應
義塾敷地内のみです。他の敷地との境目には、行け
ないように鉄格子があったのを思い出します。

日吉台地下壕保存の会」のWEBサイトには、さらに
詳しく地下壕のことが紹介されています。
ぜひ参照してみてください。

地下壕は、第二次世界大戦末期に掘られた戦争遺構
です。考えてみれば、平和が前提にないと学問は進めら
れないのも史実です。
めぐり合わせとして長く戦争のない時代を生きてこられた
ことに感謝するとき、たまには地下壕を見学して思いを
馳せることがあってもよいと思うのです。

  勉学だけでなく、人として幅を広げるために。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
慶應義塾の敷地に眠る日吉台地下壕 慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる