慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記

アクセスカウンタ

zoom RSS いまgaccoの講座を受講しています

<<   作成日時 : 2014/05/26 07:31   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0



 新しい物好きといえばそれまでですが、大学
レベルのオンライン教育をするgaccoにて講座
を受講しています。

受けているのは、慶應義塾大学SFC環境情報
学部長の村井教授による「インターネット」講座
です。
なにせgaccoのなかで2番目に開講した講座で
すし、我が国の"インターネットの父"と称される
村井教授の講義を受けてみたかったからです。

私が「The Internet」の実態を初めて聞いたの
は、1980年代の後半だったと思います。
当時に私の会社にアルバイトに来ていた東工大
院卒の人から、学内・学外でネットワークが繋
がっていることを聞きました。

1987年頃には国内外のパソコン通信(PC-VAN、
Nifty-Serve、米CompuServe))は体験していた
のですが、発展すれば安価に世界中と繋がるこ
とになると思いワクワクした記憶があります。


話を講座のことに戻します。
いまはWeek1の12回の講義(1回分は10数分)
を視聴して、Week1課題の10問に答えたところ
です。
1回の講義が10数分というのは、待ち時間や電
車の移動時間など日常の隙間時間に視聴でき
るので、社会人にはとても便利な長さです。
Week1課題が簡単かといえば、そんなこともあり
ません。大学レベルを維持するというだけあって、
私の場合は10問中2問は一度で正解できません
でした。そこで、何度も講義を聞いて、必要な語
句は調べ直して解答し直しました。
3回まで解答できる仕組みなのですが、間違えた
設問ほど調べるプロセスの中で学習しているよう
な感覚です。

全体ではWeek4まであって、加えて中間課題と最
終課題をこなさなくてはいけません。
この講義では反転授業(面接授業=リアルな講義)
はありませんが、最終的に7割の正解率に到達
すれば修了証が発行されるということです。
せっかく受講したのですから、ぜひ「修了証」を手
にしてみたいものです。


慶應通信においては、当然にSFC関連科目は履
修できません。通信生にとってインターネット利用
は必須になっていますから、gaccoの講座を受ける
ことで不足する知識をカバーしたいと思い受講しま
した。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いまgaccoの講座を受講しています 慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる