慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記

アクセスカウンタ

zoom RSS MOOC、反転授業ってなんだ?

<<   作成日時 : 2014/06/12 01:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0



 ここ数年の間にオープンオンライン教育が
盛んになってきました。
米国では数年前から、日本では2014年春か
ら立ちあがっています。

MOOCあるいはMOOCsとは、どういうものな
のでしょうか。

MOOCとは、Massive Open Online Courses
の略称です。Massiveとは「大規模な」という意
味ですから、さしずめ"大規模でオープンなオン
ラインで受けられる講座"ということになります。
オープンということは誰でも受けられることにな
りますから、イコール無料で受けられることを意
味します。

このMOOC以前にもOCWというのがありました。
Opencoursewareというもので、オンラインで大学
の講座が無料で見られるものでした。
i-Tune UというAppleが提供する教育コンテンツ
の配信サービスもあります。

それでは、MOOCとOCWの違いはなんなのでしょ
うか。

OCWは、大学の講義をビデオ撮りしてシラバスや
参考文献を含めて公開していたものです。見たい
人は無料で見られますが、単に講義を視聴するだ
けの一方通行のものでした。

一方のMOOCは、大学の講義が無料で見られる
ことは同じでも、単元ごとのテストや最終テストを
科し、合格基準に達すれば修了証を発行します。
ゆくゆくは、修了証が就職や進学に有利になるよ
うにしたい意向です。

さらに、オンライン上でディスカッションをする場が
あります。電子掲示板に相当するもので、受講者
同士のやりとりが実現されています。

講義によっては、「反転授業」というリアルに向き
合う場が用意されています。
何が何に対して反転しているのかといえば、いま
までの講義は教室に行って、課題や予習・復習
を家で行っていました。
MOOCでは、講義はビデオ撮りしてあるので家で
受けてしまいます。そしてリアルの教室では課題
やわからないところをなくすようにします。
つまり、従来の「教室で講義→自宅で課題」から
「自宅で講義→教室で課題」に反転しているわけ
です。ですから、反転授業と呼んでいます。
英語では、flipped classroomやflipped learningと
いいます。flipは、裏返すや反転するという意味で
す。

米国には、下記のようなMOOC組織があって多く
の講座を公開しています。日本からは、東京大学
がCourseraに、京都大学がedXにて英語による
講座を提供してきました。

◇Coursera https://www.coursera.org/

◇edX https://www.edx.org/

◇UDASITY https://www.udacity.com/



日本では、2014年4月から日本語によるMOOCが
開講しました。日本版MOOCなので、JMOOCといい
ます。JMOOCの具体的なプラットホームがgaccoや
OUJ MOOC(放送大学版MOOC)というわけです。


◇JMOOC http://www.jmooc.jp/

◇gacco http://gacco.org/

◇OUJ MOOC https://www.facebook.com/oujmooc


いつでも、だれでも、どこからでも、大学レベルの講座が
無料で受けられる。これがMOOCのよさです。
ただし、PCを持っていてインターネットに繋がる環境が
前提です。ですから、世界70億人全員が恩恵に浴する
ことはできていません。
しかし、前出の前提がそろえば、年齢や国籍、収入、
社会的な地位に関係なく同じ知識を得ることができる
フラットさがあります。

このことは、機会に恵まれなかった人の可能性を引き出
すことに繋がり、ひいては経済発展に貢献するのかもし
れません。
大学にすれば、世界中から優秀な学生を集められる機会
になるはずですし、企業にとってもリクルートの手段のひと
つになり得ます。
個人にとっては、比較的低コストでレベルの高い教育を
受けられ、進学や就職の機会が増えることが期待でき
ます。だとすれば、3者ともWin-Winの関係になれるかも
しれません。

無料による公開ですから、収益を得るためのビジネスモ
デルが模索されているのが現状です。

世界的に発展しつつあるMOOCですが、人間が学びに
対して貪欲である限り、ニーズは大きいものと思います。
また、MOOCの発展により既存の大学教育のあり方が
見直されたり、教育の仕方が進化したりするかもしれま
せん。

既存の通信教育生として在籍しているので、MOOCを
通して遠隔教育、オンライン授業の可能性について考
えていきたいと思います。
そして、大きな期待をしているところです。
なぜならば、教員と学生の関係性が変質していく可能
性を秘めていると思うからです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MOOC、反転授業ってなんだ? 慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる