慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ネットで学ぶ世界の大学 MOOC入門 」リクエストしていた本が所蔵された

<<   作成日時 : 2014/09/08 07:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2



 居住する自治体の図書館にリクエストカードを
提出していました。その時の記事は、下記のも
のです。

 [LINK]
 北大重田勝介准教授著「ネットで学ぶ世界の大学 MOOC入門 」

 その結果、図書館がリクエストに答えてくれ
たようで、所蔵された本が手元に届きました。

 [LINK] 「ネットで学ぶ世界の大学 MOOC入門 」

これで居住区に住む人たちの目に、少しでも
触れてもらえればという気持ちです。


考えてみれば、私たちは自治体に住民税を納
めていますから、その一部を使って本を購入し
ていることになります。
つまり、公立図書館が購入するということは、公
費が取次店を通して出版社に渡り、その一部は
著作権者にいくはずです。

このような動きは、書籍に対して一票を入れたよ
うなものです。自分用には、Amazonで購入して
おきました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
doraさんのこのブログ見て、杉並区立図書館のHP見てみたら「ネットで・・・」は一冊ありました!貸し出し中なので、予約入れました。
その借りてる一人が済み次第、さとくんが読むことができます。
もしかしてその人は「MOOCしている」のでしょうか・・・正直さとくんは「MOOC」の内容がまだ理解できないので、読んで理解に努めます。

文献の内容を読んで得た「対価」として、公費が著作権者にいくのはよいことだと思います。
さとくん(67期10月法学部乙類学士入学...
2014/09/08 21:23
さとくん
慶應通信に影響しない程度にMOOCについて知ってもらえるならば幸いです。
全国にある図書館は著者にとっても無視できないと思うので、たくさん所蔵されて次作執筆が促されればよいと考えます。

dora
2014/09/10 06:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ネットで学ぶ世界の大学 MOOC入門 」リクエストしていた本が所蔵された 慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる