慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記

アクセスカウンタ

zoom RSS JMOOCで40講座の修了証を獲得して

<<   作成日時 : 2015/08/05 01:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


 JMOOC(日本オープンオンライン教育推
進協議会)が2013年秋に発足し、2014年
2月からプラットホームのひとつであるgacco
(NTTドコモ、NTTナレッジ・スクウェアが運営)
で大学の講座が開始されました。

2012年頃からアメリカで立ち上がったMOOC
の日本版ともいえるものですが、すでに開
講から1年半が過ぎました。

私的にはgaccoで2つ目の講座であった慶應
義塾大学村井純教授の「インターネット」から
受講しています。見逃していた本邦初の講座
「日本中世の自由と平等」が再開講されること
になり、すべての講座に接することになります。

これまで、JMOOCのその他のプラットホーム
であるOpenLearningやOUJ MOOCでの講座も
含めて40講座の修了証を手にすることができ
ました。

そこで、再び振り返ってみることにします。

まずは、受講歴の一覧です。
年月は、修了証の発行年月を示します。

==JMOOC修了歴==
1.★gacco「インターネット」 村井純教授 2014/7 慶應義塾大学
2.★gacco「国際安全保障論」 栗崎周平准教授 2014/8 早稲田大学
3.★gacco「オープンエデュケーションと未来の学び」 重田勝介准教授 2014/9 北海道大学
4.★gacco「俳句−十七字の世界−」 川本皓嗣名誉教授 2014/10 大手前大学
5.★gacco「経営(マネジメント)入門」 荒木博行講師他 2014/10 グロービス経営大学院
6.☆OpenL「Global Social Archaeology」 溝口孝司教授 Oct.2014 Kyushu University
7.★gacco「デジタルアーカイブのつくり方」 渡邉英徳准教授 2014/11 首都大学東京
8.★gacco「ビジネススクール(入門)」 長沢雄次教授他 2014/12 名古屋商科大学
9.★gacco「モチベーション・マネジメント」 角山剛教授 2014/12 東京未来大学
10.★gacco「歴史都市京都の文化・景観・伝統工芸」 矢野桂司教授他 2014/12 立命館大学
11.★gacco「交流文学研究 〜東南アジアへの旅〜」 舛谷鋭教授 2014/12 立教大学
12.☆OpenL「アメリカ映画と政治」 村田晃嗣学長 2014/12 同志社大学
13.★gacco「統計学T:データ分析の基礎」 竹村彰通東京大学教授他 2015/01 日本統計学会
14.★gacco「カタチで意味を伝える ピクトグラム」 白尾隆太郎教授 2015/01 武蔵野美術大学
15.★gacco「イノベーション入門」 稲村雄大准教授他 2015/01 芝浦工業大学
16.★gacco「人とロボットが共生する未来社会」 石黒浩教授 2015/02 大阪大学
17.★gacco「インタラクティブ・ティーチング」 栗田佳代子准教授他 2015/02 東京大学
18.★gacco「マンガ・アニメ・ゲーム論」 森川嘉一郎准教授 2015/03 明治大学
19.★gacco「よくわかる!iPS細胞」 京都大学iPS細胞研究所 2015/03 京都大学
20.★gacco「ブラックホール入門」 北本俊二教授 2015/03 立教大学
21.★gacco「《特別講座》 ネットワーク産業論」 夏野剛教授 2015/03 慶應義塾大学
22.★gacco「3Dプリンタとデジタルファブリケーション」 田中浩也准教授 2015/03 慶應義塾大学
23.◇OUJ MOOC「はじめての情報ネットワークI」 日置慎治教授 2015/03 帝塚山大学
24.★gacco「メディアリテラシー−情報の収集と発信−」 一色清氏他 2015/04 朝日新聞社
25.★gacco「デザインへのまなざし − 豊かに生きるための思考術」 早川克美准教授 2015/04 京都造形芸術大学
26.★gacco「社会人のためのデータサイエンス入門」 2015/04 総務省統計局
27.★gacco「応用情報学への招待」 茨木俊秀学長他 2015/04 京都情報大学院大学
28.★gacco「大航海時代の日本:日欧文化交流の歴史(ヒストリア)」 川村信三教授他 2015/05 上智大学
29.★gacco「グローバルマネジメント(入門)」 平田譲二教授他 2015/05 産業能率大学
30.★gacco「オンデマンドで行なう動画表現のためのワークショップ」 鳥山正晴教授他 2015/05 日本大学
31.★gacco「はじめての簿記 スッキリわかる日商簿記3級」 湊純子講師 2015/06 TAC
32.★gacco「情報セキュリティ『超』入門」 後藤厚宏教授他 2015/06 情報セキュリティ大学院大学
33.★gacco「統計学T:データ分析の基礎」竹村彰通東京大学教授他 2015/06 日本統計学会
34.★gacco「旅館経営教室」 内藤耕講師 2015/07 国土交通省観光庁
35.☆OpenL「エジプト学への招待」 吉村作治教授 2015/07 東日本国際大学
36.★gacco「憲法で拓(ひら)く、若き「士-SAMURAI」への窓 −行政書士 憲法入門−」小池昌三講師 2015/07 TAC
37.◇OUJ MOOC「第3期 コンピュータのしくみI「論理回路編」 岡部洋一教授 2015/07 放送大学
38.◇OUJ MOOC「アジアの文化交流」 宇野隆夫教授 2015/07 帝塚山大学
39.☆OpenL「しあわせに生きるための心理学 〜アドラー心理学入門〜」 向後千春教授 2015/07 早稲田大学
40.☆OpenL「医学・医療の昔・今・これから−生命進化と疾病−」 佐藤信紘教授他 2015/07 順天堂大学


プラットホーム別では、
  gacco・・・・・・・・・32講座
  OpenLearning・・・ 5講座
  OUJ MOOC・・・・ 3講座
でした。
2014年5月から2015年7月までの1年2カ月
での実績です。



自分なりにJMOOCの利点を整理してみました。

・自宅からや移動しながらでも学習ができる
・オンライン講座は無料である
・利用登録も比較的簡単である
・ハンドルネームを用い匿名性を確保できる
・成果として大学名等の入った「修了証」が発行される
・ディスカッションで参加者同士の交流ができる
・meetupに参加すれば、リアルな交流も可能である
・反転授業も行われ、生の講義・議論も可能である

反対にJMOOCの課題を整理してみました。

・学習期間が固定されている
・スマートホンだと、操作間違いを起こしやすい
・修了証・バッジの社会的な認知が不十分である
・JMOOCそのものの認知度の向上
・プラットホームごとの個性ではあるのだが、GUIが
 違いすぎて戸惑う
・ユーザー数、修了率などの情報公開が少ない

こんなところでしょうか。


考えてみれば、過去に無料で学習できる機会は
限られていました。大学のOCWくらいでした。
ですから、質の高い講座が無料で受けられること
を維持するためには、コマーシャルが入ってもよい
のかなと思います。
すでに専門学校による講座があって、本や講座の
紹介がなされています。
講座の主催者とは別な会社のコマーシャルでも、
節度のあるものならばよいのではないでしょうか。
より具体的には、gaccoの講座である「ランニング
のスポーツ健康科学」に、ミズノやアディダスの広
告が入っていても違和感はないと思うのです。

マネタイズするだけが存続の手段ではありません
が、10年、20年と継続させるためには様々な手法
を考える必要がありそうです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JMOOCで40講座の修了証を獲得して 慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる