慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記

アクセスカウンタ

zoom RSS 「JMOOC大学生チーム選手権」エントリーの4講座を受講してみた

<<   作成日時 : 2015/12/13 11:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


 JMOOCのプラットホームのひとつである
OpenLearningにて開講した「JMOOC大学
生チーム選手権」にエントリーした4講座を
修了しました。

4講座とは、下記のものです。

1.「放送大学の魅力、旅するように学ぼう!」放送大学
2.「オンライン大学〜学習・教育・制作の立場から」サイバー大学
3.「目指せ!ITベンチャー 〜きょこたんと起業を考える〜」京都情報大学院大学
4.「大学で学ぶ“地域”」聖学院大学

各講座に共通しているのは、大学ではなく所
属する学生の立場で企画されていることです。

少し残念なのは、現役学生からの応募が少
なかったこと。純粋には、4.のみといっていい
でしょう。
3.は大学院の学生なので、社会人も多く所属
するものと想像できます。1.と2.も社会人の学
生が大半でしょうから、今回の企画は社会人
学生の積極性が目立ったといわざるを得ませ
ん。

この企画の当初の目的は、JMOOC受講者の
中で構成人数の少ない現役学生世代の取り
込みでした。
ですから、若い世代にアピールできたかが評価
になると考えられます。

制作者の皆さんが工夫を凝らした確認クイズで
すが、すべて解答しました。
結果は、
  放送大学・・・・・・21問・・・100%
  サイバー大学・・・10問・・・100%
  京都情報大学院大学・・・30問・・・93%
  聖学院大学・・・・・4問・・・100%
でした。

講座により問題数はばらばらなのですが、全問
正解にはいたりませんでした。CGキャラクターの
きょこたんに気をとらえているうちに2問間違えま
した(笑)。

JMOOC大学生チーム選手権はコンテストなので、
受講者数、修了者数、満足度などをもとに順位を
決定します。上位3チームに賞金10万円、5万円、
3万円を授与するとありますが、4チームしかエン
トリーがないので制作者にとってはラッキーかもし
れません。


[おまけ]
 JMOOCに関する記事数が、この記事をもって
200になりました。最初が2013/10/12付ですから、
すでに2年2ヶ月経っています。

2012年にアメリカから始まった比較的新しい学習
形態のムーブメントであるMOOCですが、我が国
では2014年から本格化しました。
このブログでは、2013年秋の日本オープンオンラ
イン教育推進協議会(JMOOC)設立当初から注目
してきました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「JMOOC大学生チーム選手権」エントリーの4講座を受講してみた 慶應義塾大学通信教育課程☆奮戦記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる